てんちょ日記

ビンテージMTBのメンテナンス(レストア)について

mountaincycle

2018年5月18日

最新のコンプリートバイクの組立やカスタムバイク製作に混じり、年間を通じご依頼頂くのが15〜30年前に作られたビンテージ・マウンテンバイクのメンテナンス。

フルオーバーホールや完全レストアの場合もありますし、各ポイントごとのメンテナンスなど、そのご依頼は多種多様。

古いフロントサスペンションやリアショック、ヘッドセットやBB等、補修部品の入手が出来ないためメンテナンスの範囲が限られてしまう場合がありますが、30年間に渡るマウンテンバイク屋のスキルとノウハウを活かし、なるべくお客さまのご依頼に沿える様にしております。

基本はバイクのオリジナル感を活かしたメンテナンスとなりますが、比較的新しい世代のバイクであれば、思い切って新しいパーツを組み込むカスタマイズという手法もご提案しています。

お持ちのマウンテンバイクのメンテついては、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※)バイクの状況により、時間や金額が通常のメンテナンスよりかかってしまう場合や、メンテナンスをお受け出来ない場合もございます。

 

  • 日毎のたわごとや新商品、イベントのご案内等を徒然なるまま書きつづる店長ブログ。