てんちょ日記

ちょいとひと手間:フェースカットについて

bbfacecut

2018年7月23日

バイクをフレームから組み上げる際のひと手間として、プロショップでは必要に応じ、ヘッドチューブ、ボトムブラケット、フォーククラウン、ディスクブレーキマウントの各部にフェースカットを施します。

例えば、ヘッドチューブやBBシェルの両端の並行が出ていないと、ヘッドセットやBBのベアリングへの負荷が不均等となり、回転が重くなるばかりでなく、ベアリングの寿命を極端に縮めてしまいます。

フォーククラウンのクラウンレース(下玉押し)を受ける部分がフラットでない場合も同様に、ハンドリングとヘッドセットに悪影響を与えます。

また、フォークやフレームのディスクブレーキマウントがフレームの芯と垂直もしくは平行でない場合は、ディスクローターとブレーキパッドの平行を出すことが出来ません。

必要箇所を専用のフェースカッターで削り、ヘッドチューブやBBシェル両端の面の平行、そしてフォーククラウン正面をフラットにすることにより、ベアリングは不要な負荷なくスムーズに回転しベアリングの寿命にも貢献します。

高性能のベアリングセットを使用する場合や、シビアなディスクブレーキセッティングを行う場合は、フェースカット作業がマストとなります。

弊店でバイクを組み上げる際は、必要に応じフェースカット作業を行っておりますが、ご要望により、既に組み上がっているカスタムバイク、もしくは完成車についてもフェースカット作業を承っております。

各部作動の不調や組立への不安等がございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。

  • 日毎のたわごとや新商品、イベントのご案内等を徒然なるまま書きつづる店長ブログ。